1. TOP
  2. 教育
  3. お子様の英語教育に関心のあるお母様へ。親が知っておきたい早期英語教育の重要ポイントとは

お子様の英語教育に関心のあるお母様へ。親が知っておきたい早期英語教育の重要ポイントとは

こんにちは。

私は4歳の娘がいる母親です。

最近街でも「3歳までの英語教室」やインターナショナルスクールが急激で増えた気がしませんか?

また、小学校でも英語教育が始まったこともあり、英語教育をうたっている学校が増えたと思います。

私は子どもが生まれる前からある英語教材からの勧誘が頻繁で驚いたことがあります!

もちろん、子どもがネイティブのように英語ペラペラだったら格好いいな、嬉しいなと思いますが、

どうやって始めたら良いか、不安に思ったり疑問に思われているお母さんも多いのではないでしょうか?

そんなお母さんにぜひ知ってもらいたい「早期英語教育の重要な点」についておすすめの方法をお伝えしたいと思います。

お子さまの英語教育に関心のあるお母さまあはぜひ、最後までご一読お願いいたします。
ベビーパークの英語育児講座

子どもの英語教育は必要?早期教育で得られるメリットとは?

さて日本人は英語教育を結構長い間受けているのに、なぜ英語嫌いな人が多いのでしょうか?

私も中学1年生の時から大学生まで必ず英語の授業は学校でありましたが、本当に英語が嫌いでした。

社会人になって仕事で英語を使う必要性が出てきたので、再度英会話スクールに入りなおしてやっと話せるようになる・・・と言う感じです。

なんか、もったいないですよね!

だからこそ、わが子には早いうちから英語を習得させたい!

そして実際そう思われているお父さん・お母さんが多いのです。

「自分たちは英語が苦手だから・・・」と言う声をよく聞きます。

または、ネイティブスピーカーの発音を小さいころから身につけさせたい!と思われている方も多くお見掛けします。

でも、じゃあガチガチに幼いころから英語を習わせて良いの?

・・・実は英語を習わせるには重要なポイントがあります。

このポイントを知っていないと、多くいらっしゃる大人たちのようにただ英語嫌いにさせてしまい、効果が薄い!といったことにつながりかねません。

早期教育で必要とされるのは「聴く」「話す」

最近の英語学習では、「Reading(読む)」「Writing(書く)」「Listening(聴く)」そして「Speaking(話す)」この4つがバランスよく行わなければならない、と言われています。

確かに、私たちが学校で習っていた授業は、「Reading(読む)」「Writing(書く)」に集中していて、聴いたり話したりすることはあまり重視されていなかったですよね。

じゃあ、この4つを小さい時から行って効果があるか!?と言いますと、そうでは無いんですね。

0歳~3歳までの子ども達が得意としているのは「聴く」「話す」です。

赤ちゃんは誰かが言葉を教えなくても、言葉を覚えて1歳~2歳くらいから話し始めますよね?

でも誰も教えているわけではないですよね!

 

では赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるのでしょう?

お父さん・お母さんの言葉を聞いて、耳に聞こえる音を聞いて、言葉を覚えていくんですね!

そして、たくさんの「インプット」を一定語数行うと、今度は「アウトプット」していくのだそうです。

わが子の例を挙げますと、最初は泣くしかできない赤ちゃんだったのが、5カ月くらいから私の名前を呼び始めました。

その時、子どもは私や主人の口元をジーっと見て、「あっあ」とか「ま・ま」とか話していました。

よく、生まれてから6カ月までは「L」と「R」の発音の違いが分かるようになる、と聞きませんか?

大人になると難しい細かい発音の聞き取りも小さい子ども達は聞き取れる、そのくらい「聴くこと」の能力に長けている!という事なんですね!

実は私の娘が通っているインターナショナルスクールではこんなことがありました。

娘は4歳から今のスクールに通っていますが、

娘の名前をネイティブの先生が紹介した時、なんと子ども達が

「R」と「L」の発音の違いを指摘したのです!

先生は「私はLで発音できないから、Rで発音しても良いか?」と子ども達に許可を取っていました。

それほど、子ども達の耳は敏感です。

子ども達は遊びを通して、また日常会話を通して英語をしっかりと「聴いているのだ」ということを実感する出来事でした。

という事で0歳~3歳までは、「英会話が出来るようになる取り組み」を行うことが大切なんです。

無理強いするような方法で多読やワークなどを押し付けるやり方は効果が薄い上に、子どもを英語嫌いにさせてしまう可能性がありますので、気を付けてくださいね!

0歳~3歳まで効果的に出来ることは英語を「聴く」「話す」ことが得意になる英語教育の黄金期だということを知っておいてください。

\英語で育児の内容を確認する/

ベビーパークの英語育児講座

英語教育の落とし穴!英語だけ話せたらよいの!?

英語早期教育のメリットをお伝えしましたが、では0歳の早い時期から「英語教育」だけをすれば良いのでしょうか!?

もちろん、0歳から英語教育を始めれば英語を話す時期も早くなり、難しい英語の文章を話し始めます。

例えば2歳の男の子で、お父さんもお母さんも普段から英語を話していた男の子がいました。

その子は私に、「Could you give me your yellow ball?」(黄色のボールをください)と普通に言いました!

素晴らしい!「Could you」は英語の中でも丁寧に言う時に使う言葉です。

それを2歳の男の子が使えるなんて!

と純粋に驚きました。

ただ、その男の子は日本語を話すのが苦手で、日本語に関しては2歳時点でまだいわゆる赤ちゃん言葉でした。

日本語をうまく話せないので、英語で話している・・・ともとれました。

私は純粋にこれで良いかな?と思いました。

なぜなら、私たちは今日本に住んでいて、日本語でコミュニケーションを取っています。

もし英語が出来ていても日本語が出来ない、という事であれば、

お子さんのアイデンティティ(自分を確立する要素)が不十分になってしまう可能性もあるという事です。

考えたことをうまく伝えられない、言い表せない・・・と言う事は、お子さんにとって反対に英語が出来ることが有利に働かないという事もあるんです。

幼児にとって言葉は、3,000語のインプットを行うとアウトプットが始まる、と言われています。

つまり、日本語が3,000語頭に入ると話し始める、というイメージです。

もし英語が2,000語、日本語も2,000語のインプットだと、このお子さんはどちらの言葉で話せばよいか分からなくなります。

そのため、お話し始めるのが普通より遅くなる可能性が高くなる、という事なんですね。

英語のアウトプットが早かった2歳の男の子は、幼稚園で日本語の重要性を指摘され、そこからはお父さん・お母さんも語り掛けを日本語に直しました。

今では、日本語でも気持ちを伝えられるようになってきたそうです。

そしてなんと!語彙力が増えたことで英語・日本語の表現力が豊かになってきたそうです!

まさに、日本語と英語の脳をバランスよく育てること、これが幼児期から英語を習得する重要なポイントなんですね!

幼児期から英語を学ぶポイントはこれ!

幼児期から英語教育をするポイントをまとめてみます。

幼児期から英語教育をするポイントとは

〇0歳~3歳までは「聴く」「話す」ことに焦点を当てる。

〇英語を身に付けたければまずは日本語から。心・知能・身体のバランスの整った育児を心がける。

〇英語は遊びながら身に付けよう!無理強いは効果が薄れる

〇「伝わる英語」こそがグローバルスタンダード!英語でのコミュニケーション能力と人間力を育成することが大切

我が家では、娘が0歳4カ月の時から「ベビーパーク」という幼児教室に通い始めました。

ベビーパークは適切な時期に適切な育児を教えてくれる、お母さんのための教育です。

その時に「子どもは3000語を超えると話始める」「インプットの重要性」を学び、家でも絵本をたくさん読んだり、語り掛けをたくさんすることを実践してきました。

そして0歳10か月の時から、少しずつ英語育児を始めてみました。

最初は日本語インプットの数が少なくて、日本語も英語も話し始めるのが遅くなったらどうしよう・・・という心配もありましたが、わが子は反対に日本語も英語も話し始めるのがとても早かったです。

ベビーパークでも適切な英語育児の方法を教えてくれましたので、我が家ではそれを実践していました。

英語教育のポイントは「コミュニケーション能力と人間力を育成することが大切」なのですが、

ベビーパークで教えてもらった事で「決まった時間だけ英語を使う」つまり、お風呂タイムの時やお着換えタイムの時だけ英語を使う、という事をしています。

やはり私たち夫婦は日本人なので、一日中英語をつかうととても不自然ですよね。

反対に子どもも混乱してしまいます。

でも、20分くらいのお風呂タイムだけ、とかお着換えタイムだけなら、親も負担にならないし子どもにも変化があって楽しんで聞いてくれます。

日常のとても簡単なフレーズでお話するだけ!

最初は大変かもしれませんが、毎日同じことをしていると親も子どもも自然に覚えていきます。

その他はベビーパークに通いながら「日本語力の育成」「人間力の育成」「思考力の育成」を行っています。

子どもの月齢や年齢に合わせて、適切な子育て方法を学べ、しかも効果がテキメン!なので、英語教育と適宜教育を平行して行う方法を教えてくれる、ベビーパークの存在にとても感謝しています!

ベビーパークでも進めている英語教育。その極意とは?

もちろん、ベビーパークでも英語教育を進めています。

でもそれは、2歳半からの日本語のインプットをしっかりとされたお子様への教育です。

もし0歳からベビーパークに通い、お父さま・お母さまの幼児教育がしっかりしていれば

なんなく取り込めるとても楽しい方法です。

 

もし英語教育にはIQの高さが重要!?ベビーパークについてご興味ある方は、こちらも参考にしてくださいね!

IQ140は夢じゃない?0歳から3年間ベビーパークへ通った効果と口コミ

 

お子さんにとって「教育」が素晴らしいプレゼントになることをお祈りしています。

 

\英語で育児の内容を確認する/

ベビーパークの英語育児講座

\ SNSでシェアしよう! /

リッチステイの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リッチステイの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

メイ

メイ

こんにちは!メイです。
子どもと一緒にお得でラグジュアリーな旅をすることが人生の目的です。

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を保有しています。

普段からFPコンサルをしていると節約のご相談をたくさんお受けします。

そこで、無理なく家族旅行が楽しめる
「マイル(マイレージ)を使って家族旅行術を伝授!家族旅行の専門家!」として活動もしています。

子連れ旅行で一番重視しているのは、「飛行機とホテル選び」です。
特に日本では忙しくしているので、海外くらいではゆっくり楽しみたい!
ラグジュアリーな気分を味わいたい・・・!!という願望より、五つ星ホテルのクラブラウンジ付きステイにはまっています。

そして、これをなんと「マイルを使って0円で宿泊!」
しているんです!

そうです、私は「マイルの価値を正しく理解」し、「正しく使って、いつもより豪華で楽しい家族旅行術」をブログにしています。

「でもそれって、あなただから出来るのでは?」

いいえ、違います!
コツを知れば誰でも出来るんです!

私もはじめは「マイル」なんて面倒くさいだけ・・・、
と思って全く貯めていませんでした。

ところがある時、親しくしていたご夫婦がなんと!
マイレージを使って超豪華旅行をしていたんです!

例えば、
・ニューヨーク往復ファーストクラス旅行(220万円/一人)
・夫婦二人でスイスへビジネスクラス往復(100万円/一人)

・・・などなど、私の想像を超えるような旅行ばかり!
しかも、ビジネスクラスやファーストクラスでは、フルフラットで寝ながら目的地まで到達出来たり、有名レストランのフルコースが食べられるんです!

・・・私はそれまでマイレージをちゃんと理解しなかったことに後悔しました。

そして、子連れで私もこんな旅をしたい!
そう思って、マイレージの研究を始めたんです!

今では、「一番好きなことは?」と聞かれると
「ラグジュアリーホテルの宿泊とホテルレストラン巡り!」と答えるほど(笑)

その経験を活かして、ぜひもっと多くの方にお得に飛行機やホテルを予約して、今まで以上に旅を楽しんでもらいたい、という思いでこのブログを書いています。

また、食べることが大好きなので、レストランの投稿もしていきます!
大好きなホテルレストランのお得な予約方法も紹介していきますので、
少しでも参考になれば嬉しいです。

更に、最近では子どもの教育についても興味津々!

私自身がお受験街道を走り、途中で折れてしまった経験があります。
ということで、子どもには心を大切にした教育、そしてAIが主流になり多くの職業が無くなると言われているこれからの時代を生き抜くためにはどんな教育が必要かを重点に情報を集めて実践しています。

私のブログを読んで参考にしてもらえるサイトにしていくことが目標です!

0から始める世界一かんたんな
マイルで家族旅行術 専門家のMei(メイ)です。

私のLINEでは、

「誰でもできる!マイルの貯め方基本のき」から

少し上級者向けの貯め方までレクチャーしていきます!

ご興味あるあなたはぜひLINEに友達登録してみてくださいね!



限定レポート講座 プレゼント先行受付中!

初心者でも達成!
年一回は "無料で家族旅行" を楽しむ方法をまとめました。

(0から始める世界一かんたんな マイルで家族旅行術をプレゼント)

無料プレゼントお受取りはこちらから
LINE検索より
@を忘れず→ @cfa8722z (@シー、エフ、エイ、8722、ゼット)


ご登録後は必ず、『 プレゼント希望 』と一言メッセージお願いします。

関連記事

  • スタディサプリ(スタサプ)小学・中学講座で成績は上がるの?口コミ・悪評から分かるメリット・デメリットとは?

  • ベビーパークは怪しい!? 悪評や悪い口コミから分かる幼児教室の実態と評判は?良くない?勧誘は?胡散臭い?

  • 【リアル体験談!】ベビーパークの効果とは!3年間通ったリアルな感想を暴露します!

  • ベビーパークに通うだけでIQ140 以上?本当の天才児の育て方とは?英才教育

  • 大阪上本町の幼児教室はどこがオススメ?口コミから分かる選び方とは

  • キッズアカデミー【ぶっちゃけ体験口コミ ブログ】評判と効果は?通う子どもの知能指数(知能テスト)は!?