1. TOP
  2. 「マイル」VS「楽天ポイント・WAON(ワオン)」どちらがお得なの?

「マイル」VS「楽天ポイント・WAON(ワオン)」どちらがお得なの?

こんにちは!

超マイル活用術専門家のメイです。

この情報は私のLINEに登録してくださった方へ配信しています。

 

さて、「マイルの価値」を再認識する出来事があったのでお伝えします。

実際「マイル」と「楽天ポイントやWAON(ワオン)」の価値を比べた時、

やっぱり「マイル」の方が圧倒的に価値が大きかったんです!

その差はなんと、4人家族で東京ディズニーランドに行けるくらいの開きが!!

(こちらは上海ディズニーの写真です)

どんな計算でこうなったのか、今回は一緒に検証していきたいと思います。

 

保険料の支払いや高額決済の時はマイルを貯める大チャンス!

私は普段ファイナンシャルプランナーとしても活動をしていますが、

実は高額の保険料の支払い(決済)時も

「大量マイル」

を貯めるチャンスなんです!

 

先日お客様の保険商品を見直して、新たに加入する保険を決めたんですが、

今回、保険料金1,000万円の貯蓄性の保険決済に使える還元率の高いクレジットカードを提案してほしい、

という依頼を受けて紹介したカードは

「アメックスカード」

だったんですね。

 

そこで「超マイル活用術」の専門家として、ポイントをマイルにする事を提案させてもらったのですが、

「旅行やマイルには一切興味がない」とバッサリ切られました(笑)

 

「超マイル活用術」の私からすると、涙涙の回答ではありましたが、

その方は貯まったマイルを生活費に使いたい、とのことでしたので、

マイルからポイント(楽天やWAON)にどのくらい交換できるのか、一緒に考えさせてもらいました。

 

そうなんです!こちらも「超マイル活用術」の初級編でご説明しましたが、

貯めたマイルは全て、

「楽天ポイント

「WAONポイント」

など

「現金」に変わるポイントにも交換できるんですよね。

ということで、今日は「マイル」と使っている人も多い「楽天ポイント」「WAONポイント」との検証になります!

 

では実際のシュミレーションを解説します!

今回、そのお客様の加入する保険料(支払額)は約1,000万円の保険です。

お客様の作られたクレジットカードはSPGアメックスカード」

 

これで1,000万円を決済する時の、WAONポイントへの試算方法をお伝えします。

SPGアメックスカードで決済すると、マリオットボンヴォイポイントというポイントがつきます。

(今回はMBPと略します。)

 

MBPは100円の利用につき、3ポイント貯まります。

ですので、1,000万円の決済に対しては、

1000万円×3%=300,000MBP

ここで紹介特典が30,000+6,000(友達紹介分)=36,000 MBP付きますので、

合計で336,000MBP付きます。

 

WAONにかえる際はJALマイルに換えてからの効率が良いので、まずJALマイルに換えます。

3MBPポイント=1マイル

336,000MBPポイント/3=112,000JALマイル

 

ここでMBPは60,000MBPをマイルに交換するごとになんと5,000マイルのボーナスが付きます。

ですので、300,000MBP分はこのボーナスマイルの対象になります。

 

ここでは、5,000×(300,000➗60,000)=25,000マイルのボーナスが付きます。

合計JALマイル=112,000+25,000=137,000マイル

これをWAONへ換えていきます。

 

WAONは現在キャンペーンをしていて、

通常は1マイル=1ポイントの価値交換になるのですが、

WAONキャンペーンの交換率
10,000JALマイル=11,000WAON(還元率110%)

20,000JALマイル=22,000WAON(還元率110%)

40,000JALマイル=50,000WAON(還元率125%)

 

で交換することができます。

ということで、一番還元率の高い125%での交換が出来ますので、

137,000JALマイルのうち120,000JALマイルは、

50,000マイル×3回分=150,000WAON

残り10,000JALマイル=11,000WAON

7,000マイル=7,000WAON

合計168,000WAON

となるのです。

 

IEON(イオン)などで168,000円相当の買い物が出来るんですね!

年会費の31,000円を差し引いても、137,000円相当が返ってくるのですから、これはお得ですね!

使うカード 貯まるマイル WAON 楽天ポイント
SPGアメックス 137,000 168,000
合計 137,000 168,000

 

さらに裏技!2枚カードを使って決済するともっとお得に!

ここで、「超マイル活用術」の私は考えました。

「クレジットカード2枚で決済したらもっとお得になるんじゃないの??」

今、アメックスカードでは入会特典が大きいクレジットカードがたくさんあります。

 

その中の注目カードが「ANAアメックスゴールドカード」

こちらはアメックス保有者からの紹介でANAアメックスゴールドカードを作り、入会後3ヶ月以内に60万円決済すると、

なんと最大60,000ANAマイルが貰える、といったキャンペーンをしているんです。

公式ページからだと50,000ANAマイル相当しかもらえないので、アメックスの保有者から紹介してもらうことが

最大ポイント数を獲得できる方法となります。

 

今回は1,000万円を決済する方法の一つとしてこのANAアメックスゴールドカードも保有し、

1,000万円決済するなら、60万円と残りの940万円とで決済を分けることも可能ですよね。

この場合のシュミレーションは下記のようになります。

 

●60万円分をANAアメックスゴールドで決済するとき

ANAアメックスゴールドカードは、初回の入会キャンペーンとして

3ヶ月以内に60万円決済をすると最大60,000ANAマイルが貰える、といったキャンペーンをしています。

そこで、ANAアメックスゴールドカードでは60万円分を決済したとします。

貰えるANAマイルは60,000マイル

 

これを楽天ポイントに交換するとします。

楽天ポイントは1ANAマイル=1ポイントで交換できますが、上限があり30,000マイルを超える分は

1マイル=0.5ポイントとなる仕組みです。

つまり、10,000マイルを1口として、2口までの交換は10,000マイル=10,000楽天ポイントとして計算してくれるのですが、

3口目(30,000ポイント)からは10,000マイル=5,000楽天ポイントになる、という事です。

 

もし60,000ANAマイルを1回で楽天ポイントに交換したとします。

20,000ANAマイルまでは20,000楽天ポイントに、

残り40,000ANAマイルは×0.5の20,000楽天ポイントになります。

合計40,000ポイント。

ここで少し楽天ポイントを増やす方法があります。

提携ポイントへの交換は、4月1日〜翌年3月31日での交換マイルの累計で計算されます。

ですので、3月31日を超えて4月に入った分はまた10,000マイル→10,000楽天ポイントで交換できるんですね!

今回のお客様の場合、ANAマイルは今後貯めるか分かりませんので

2020年3月31日までに30,000ANAマイルを、2020年4月1日以降に30,000ANAマイルを交換する、

という方法をお勧めしました。

すると、2020年3月31日まで 30,000ANAマイル→20,000ポイント+5,000ポイント=25,000楽天ポイント

2020年4月1日以降分 30,000ANAマイル→20,000ポイント+5,000ポイント=25,000楽天ポイント

合計50,000楽天ポイント

 

・・・こんな風に交換することも可能なんです!

 

●残りの940万円をSPGアメックスで決済したとします。

先ほどと同じように、100円=3MBP(マリオットボンヴォイポイント)となりますので、

9,400,000×3%=282,000MBP

入会キャンペーン特典 30,000MBP

紹介キャンペーン特典 6,000MNP

合計318,000MBP

 

これを先ほどと同じように、WAONにします。

まず、JALマイルにします。3MBP=1マイルなので、

318,000=106,000JALマイル

60,000MBPをJALマイルに交換ごとに5,000マイルがボーナスでもらえますので、

106,000マイル+25,000マイル=131,000マイルがもらえます。

これをWAONにします。

 

キャンペーンで、40,000JALマイル=50,000WAONと交換が出来ますので、

120,000JALマイル分→150,000WAON

残り11,000JALマイル→12,000WAON

(10,000JALマイル=11,000WAON,残りの1,000JALマイル=1,000WAON)

合計162,000WAONになります。

 

つまり、楽天ポイントが50,000ポイントと、162,000WAONに交換しますと、

合計で212,000円相当のポイントに交換することができるんですね!

 

 

ANAアメックスゴールドカードも年会費が31,000円+消費税がかかりますが、

それを差し引いたとしても約15万円相当のポイントが残る、というわけなんですね!

使うカード 貯まるマイル WAON 楽天ポイント
ANAアメックスG 60,000 50,000
SPGアメックス 131,000 162,000
合計 191,000 162,000 50,000

 

さてここで、SPGアメックスだけで決済した場合と、ANAアメックスゴールドとSPGアメックスゴールドカードの2枚に分けて決済した場合だと、

貰えるポイントの差額が44,000ポイントもあります。

ここからANAアメックスゴールドの年会費を引いても、13,000ポイントも多く残るという計算なんです!

 

ちょっとした工夫ですが、同じ金額を、特に大きな金額を決済する人は使い方を少し変えるだけで、

大きなポイントが手元に残る、といった方法があるんですね!

 

ここで、マイルの価値を考える。マイルだったら、いったいどのくらいの価値の差があるの??

これは「ポイント」として交換した場合です。

ポイントにしておけば、普段のお買い物や生活費に使うことが出来るんです。

でもこれがマイルの差だったとしたら、どのくらいになるのでしょうか?

 

SPGアメックスで1,000万円決済したとき、137,000マイル貰えます。

SPGアメックスはANAでもJALでも換えられるので、とても万能カードなんです。

一方、2枚持ちした際は、ANAマイル60,000マイルと、131,000マイル(この場合はANAにしておきます)

の計191,000マイルもらえます。

 

この差ですが54,000マイルあります!

 

国内の特典航空券に変えますと、1マイル=2円くらいの価値がありますので、

54,000マイル×2円=108,000円、

これがファーストクラスに乗ると、1マイル=15円くらいの価値がありますので、

54,000マイル×15円=810,000万円の価値の差が出ます!

 

81万円分!!!

 

同じ決済を工夫するだけで、こんなにも差が出るなんて・・・!!

 

ちなみに、137,000マイルあれば何が出来るか、と言いますと、

ハワイに2人でビジネスクラスで往復できます。

 

もし、191,000マイルあれば、ニューヨークへファーストクラス(1人)で往復でき、お釣りが出ます。

(これは大人一人)

ニューヨークのファーストクラスは、約220万円〜230万円もしますので、

とっても贅沢な飛行機旅行が手に入る、と行っても過言ではありません!

 

また、ここに4,000マイル追加するだけで、大人3人ハワイをビジネスクラスで往復できます。

54,000マイル(支払い方法の差額)分あれば、グアムへエコノミーで往復できたり、

ハワイもエコノミーで往復できます。

 

国内なら、家族4人で東京・大阪間を往復できますので、ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンへ旅行する飛行機代に使えたりもするんです!

 

そうなんです、マイルにすると、この差がとっても大きいんです!!

・・・やっぱり、「超マイル活用術」の私からは「マイル」で使うことをお勧めしたい限りですね(笑)

というわけで、支払方法をちょっと変えるだけでこんなに貯まるマイルやポイントに価値の差が出る、ということを覚えておいてください。

そして、マイルは「楽天ポイント」や「WAON」に変えるより、「マイル」として特典航空券で使うととても大きな価値になる、ということも知っていてくださいね!

 

もし、SPGアメックスカードやANAアメックスゴールドカードをまだお持ちでないなら、こちらの記事も参考にしてください。
↓       ↓       ↓

クレジットカードは何を選べば良い?マイルの貯まりやすいカードを解説します!

ANAアメックスゴールドカードについてはこちら

ANAアメックスゴールド申込みはこのキャンペーンがお得!

 

P.S.

私はファイナンシャルプランナーもしていますので、いつも相談に来てくださる方にとって最大のメリットは何か?を考えながらご相談にお答えしています。

ですので、「超マイル活用術」ではLINEに登録してくれる人やブログを読んでくれる人にとって

一番メリットが出る情報を提供出来るように考えています。

貯まったマイルやポイントを貯めることはもちろん、「どんな風に使ったら良いのか?」も常に考えながら

情報を提供させていただきますので、これからも応援してもらえると嬉しいです。

 

P.S.2

今回紹介させてもらった「SPGアメックスカード」「ANAアメックスカード」は、

31,000円の年会費がかかるカードです。

世の中に「年会費無料」のカードがたくさんある中で、

一般的には「高額」の部類に入るクレジットカードですが、

サービス面も考えると、この辺りを最低でも持っておかないと

旅行をする時のお得度や快適度が下がってしまいます。

 

安い年会費、年会費無料を追求するのも良いですが、高い年会費を払うカードには、

年会費以上のメリットがあることを知って欲しいと思います。

 

高い年会費のカードを持とうとしない理由として、持つことのメリットを知らないからだと私は思います。

クレジットカード選びを適当にすることで、年間何十万、何百万円分も損をしていることを知ってもらえれば、

こちらのカードを選ぶメリットがご理解いただけると思います。

 

私はプラチナカードも入れて数枚クレジットカードを使っています。

その年会費、ザッと計算して30万円以上(笑)

 

「この人、大丈夫?バカだな〜」なんて思われるかもしれません(笑)

でも、この30万円以上を払ってでも持つ価値を私は知っていて、そのメリットを受けているので、

この30万円を払っても惜しくない、と思っています。

 

プラチナカードについてはまた別の機会にお話ししますね。

ぜひ、今日ご紹介した「SPGアメックスカード」「ANAアメックスゴールドカード」について

使うメリットを知ってもらいたいと思います。

クレジットカードはどれを選べば良い?マイルが貯まりやすいオススメのクレジットカードはこちら

ANAアメックスゴールドカードについての詳細はこちら

↓     ↓     ↓

ANAアメックスゴールドカードはこのキャンペーンで入会するのが一番お得!

 

今日も読んでくださってありがとうございました!